FC2ブログ
03.17
Sun
先日、宮崎県のソーラーフロンティア工監理士・施工従事者の研修に参加しましたので、研修の模様を報告します。

ソーラーフロンティアというと、海外の太陽光発電メーカーと思われる方が多いかもしれないですが、昭和シェル石油が親会社の企業になります。
一般的な太陽光発電はシリコン系のパネルですが、ソーラーフロンティアはCISというパネルを採用しており、
影に強い特徴があります。

P1000522.jpg
現地調査の様子です。取付け工事前の作業になります。
P1000523.jpg
瓦屋根に架台の金具取付けの実習です。
P1000511.jpg
こちらはスレート屋根の金具取付けです。屋根材にとって様々な固定方法があります。
P1000531.jpg
最後に実際にパネル設置の実習になります。

3日間の研修では、屋根材の選定・架台の設置方法・太陽光パネルの設置方法・現地調査法と室内に作られた
屋根の上で実践的な研修をする事ができました。
当社ではお客様により、安心・安全な工事を提案できるように、このような研修会に定期的に参加しております。
ですので、お客様には満足いく接客・施工・監理をお届けできるよう努力しておりますので、お家のことで、
お困りでしたら是非ご相談下さい!
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
back-to-top